キービジュアル キービジュアル

「覚えてくれてありがとう!」
がうれしくて
常連さまのお好みをインプット!

大学生 大学生

憧れの主婦スタッフさんとの出会い

私が中学生のころ自宅近くにローソンが開店して、お客さまとして通っていました。主婦スタッフさんがとっても優しくて「アルバイトするならローソンにしよう」と決め、高校生になってすぐに求人へ応募。初バイトでローソンクルーになりました。バイトしてすぐにわかったのは、あの優しい主婦さんは仕事にはとっても厳しい方だったということ(笑)。ですがプライベートになると接客と同様に優しい方で、そのギャップ・メリハリがあるところが私の憧れの存在になりました。

高校生ができるお客さまが嬉しいこと

厳しく優しい先輩クルーに出会えたことの他に「初バイトがローソンで良かった!」と思えることがもう一つあります。ローソンはコンビニの中でも唯一、コーヒーを手渡しし、糖質・カロリーなどの健康面を考えた商品が多いお店です。「お客さまを第一に」という考え方が好きだし、自分もお客さまだったので単純に「嬉しい」と思います。なので、高校生の私でもできることで「お客さまだったら嬉しいこと」をするようになりました。

キャッチ1 キャッチ1

常連さまの雰囲気を丸ごと記憶!

「嬉しいことをする」その一つが、常連さまのお好みをインプットすることです。レジカウンターでお尋ねする、MACHI café(マチカフェ)コーヒーの種類・タバコ銘柄・からあげクンの味などを覚えるようにしました。私の覚え方は常連さまのイントネーション(しゃべり方)を心の中で呟いて、その雰囲気を丸ごと記憶!今では30名ほどの常連さまのお好みを覚え、自分から「からあげクン チーズでよろしいですか?」などとお声掛けしています。

自然な笑顔を添えられるように

私からいつもの商品をお声掛けすると「覚えてくれてありがとう!」と、笑顔でおっしゃっていただけます。初バイトの高校生クルーですが「お客さまと絆が生まれている」と接客の喜びを実感。シフトに入るたびに、多くのお客さまと笑顔のやり取りができて、ますますバイトが楽しくなっています。マニュアル化されている接客用語も気持ちが入るようになり、MACHI café(マチカフェ)コーヒーを手渡すときも自然な笑顔を添えられるようになりました。

キャッチ2 キャッチ2

接客評価!全国トップ5に選ばれて

接客の楽しさを知りバイトを続け「グランドファンタジスタ(GF)に選ばれました」と聞いたときは「え?私?」と、すごく驚きました。ファンタジスタとはローソンの社内資格制度で、その上位にあるのが支店(エリア)の推薦で選ばれるGFです。私はさらに、全国トップを選ぶ接客部門のグランドファンタジスタファイナリスト(5人)にもなりました。「お客さまだったら嬉しいこと」を心がけて接客していたことが評価されたようです!

不器用な私の、今後の目標は

両親は私のことを「不器用な子」だと思っているらしく、全国トップ5になったことを報告すると「ローソンと家は違うの?」とギャップを感じたようです。まるで私が憧れる先輩主婦さんみたい(笑)。高校の友達とも「すごくない?何者?」「最強の女子高生(笑)」と盛り上がりました。そして今後の私の目標は、売り場作りを工夫してクルー専用の「ろーちゃんアプリ」で紹介すること!お客さまと感じる絆を全国のクルーとも感じていきたいと思っています。

キャッチ3 キャッチ3

Other Interview

大学生

  • 高校生
  • 「ローソンの接客」は大学生が知らない事を「たくさん学べる」から、とても面白い。
詳細を見る